気になる顔のいぼを早急に取り除きたいのなら手術が効果的

サイトメニュー

いぼの予防

女性

手術後はいぼが再発しないようにケアをしよう

美容クリニックで手術していぼを除去できても、肌に負担をかける生活を続けてしまうといぼはまたできてしまいます。いぼができる度に手術をしたら、治療費がかかってしまうので、いぼが再発しないように普段からいぼを予防するようにしましょう。いぼの予防方法は難しくありませんので、毎日お肌のケアをして、いぼができない肌を目指しましょう。老人性いぼの場合は、紫外線を浴びないように気をつける事です。紫外線を浴びてしまうと肌のターンオーバーが正常化されず、古い角質が蓄積されて、肌が老化してしまいます。肌が衰えているといぼができやすくなりますので、外に出る際は日焼け止めクリームを塗るのを忘れないようにしましょう。紫外線によって、肌は乾燥しやすくなりますので、保湿をする事も大切です。肌に水分を与える事で、古い角質が排出されて、肌も若返りますので、常に肌に潤いを与えるようにしましょう。ウイルス性いぼの場合は、ウイルスを寄せ付けない事です。ウイルスが付着する原因は、免疫力の低下と傷口です。肌に傷があるとそこからウイルスが侵入してしまうので、いぼができやすくなります。小さな傷口でも、ウイルスはすぐに付着してくるので、怪我をしたら傷口を消毒液でケアをしましょう。洗顔をする際は、顔を強く擦らないようにしてください。顔を強く擦ってしまうと肌を傷つけてしまうので、皮膚の免疫力が弱くなって、ウイルスが侵入しやすくなります。洗顔をした後は清潔なタオルを使用するようにして、肌を綺麗に保ちましょう。外側をケアする事も大切ですが、体の中側をケアする事も大切です。特にウイルス性いぼは、体が弱っている時になりやすいので、免疫力を高める必要があります。免疫が低下しているとウイルスはずっと肌に付着しています。ウイルスを排除できるようにバランスの良い食生活をするようにしましょう。肌の老化を進行させてしまう活性酸素を取り除いてくれるビタミンC、肌の新陳代謝を促進してくれる亜鉛とマグネシウムが含まれている野菜や果物を摂っておくとお肌が健康的になりますよ。いぼの手術をしたら、いぼができないように肌を常に清潔しておきましょう。いぼを見つけても肌のケアをして、手術を受ければ1度の治療でいぼを完治する事ができますよ。